電話占い師募集と努力

電話占い師募集ということでの占い師では、安易な考え方で占い師になろうとしても、あとで苦労をするということになります。占い師になる人のパターンとしては、一番良い方法は占いを趣味で行っていて、それが友人などの評判で人気になり、そのまま本職に転向していくというパターンです。この場合には、実力があるので、それを本職にしても成功する可能性が高くなるということになります。少なくとも当たらないという評判は避けることができるということで、最初は趣味ということで参加しながら、それで食べていける感触を得た場合には、そのまま占い師として進むことができます。また天職として占い師になることができるということになります。実際そのような人もいましたが、天職ということはこういうことかと感心したことを覚えています。そのようなパターンもあります。

電話占い師募集と霊感と目的

電話占い師募集での占い師になるということでの資格は、必ずしも霊感があり、摩訶不思議な力で占いができるという人だけが占い師になることができるということではないということになります。占いをしてもらいたいという人は、悩んでいる人です。そしてその悩みを解決してもらいたいとか、解決するヒントがほしいとかです。ですのでその問題を解決できないことを、いくら霊感などで当ててもらっても仕方がないということになります。一方そのような霊感を使わなくても、一般の占いを導入にして、その人の人生経験を中心に解決しても良いわけです。あくまでも霊感とか、占いが当たるとかはパフォーマンスのひとつであって、目的ではないということになります。占いをされていくら当たっても、その後不幸になったら意味がないということになるということになります。

電話占い師募集と考え方

電話占い師募集ということで占い師を目指そうという人の場合には、やはり考え方ということで、真剣に最初にしっかりとしたモットーやルールを構築しておくということが大切ではないかということになります。特に国家資格とか、何かの資格がないと慣れないという職業ではないので、ある程度の専門的な知識と技術があれば、誰でも始めることができるということになります。しかしどの職業にも資質や適性というものがあり、それがない場合は、いくら占いがうまくても成功は程遠いということになります。例えば占いを当てることだけに執着する占い師になってしまうと、本来の悩みの解決という方法がおかしくなり、相手の不幸なことまでも相手の話してしまい自分が誇るというようになってしまいます。実際にそのような占い師もいるので、それは適性がないということになります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です